スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジは嫌いじゃないですけど......... Rev. 2.1

嗚呼トラブル続き!まさにパンドラの箱

mini-ITXってマザーボード規格の中で一番振り幅が大きいんじゃないかと思っています。
省電省スペースPCにしたり、ハイエンドVGAを積んでゲーミングPCにしたりと、今、自分の中では結構アツいです。

そういうことでハイエンドmini-ITXを組んでみました!..........がまだ途中段階です。

■パーツ
・SST-SG08B・・・フロントパネル10mm厚のアルミ! 310mm長の拡張カードスペースを確保。
  2スロット占有型VGAにも対応。
・i5 2500K・・・中古品(コスパ高し)
・H77M-ITX・・・変態紳士ASRock(至って普通)
・CMZ16GX3M2A1600C10・・・安心のコルセア16GB
・m4 CT064M4SSD1・・・7mm版(9.5mmまで搭載可能)
・WD10EZRX
・Panasonic UJ-240
・MSI N580GTX Lightning TWINFROZR III・・・中古品
・win7Pro 64bit
・侍ZZリビジョンB SCSMZ-2100又は水冷化CWCH50検討中

※ただしグラボのせいでいろいろと問題が出ています。

■問題点
・N580GTX Lightning TWINFROZR IIIを積むことはできる!がヒートパイプとフレームが邪魔して
 180mmファン(徹甲弾ファン)を取り付けできない。
・PCI-E 6pin+2pin(8pin)二つが出っ張るのでスリムラインドライブの固定する板が取り付けできない。
電源ユニット600WのせいでGPUを使うと(エクスペリエンススコア計測、ベンチなど)フリーズ。

肝心のGPUが故障でした(05/15)
※GTX580より消費電力を食うGTX295でも動きますけど、ギリギリですね。常用はしたくないです。



□改善点
・徹甲弾ファン180mmを120mmに交換
・電源ユニットを750~850に交換
・PCI-E 6pin+2pin(8pin)部分に当たるスリムラインドライブ固定板を溶接・加工会社に依頼して部分カットしてもらう。

元々電源ユニットに無理があると思って電源交換の予定を考えていましたが、それだけでなく
MSI N580GTX Lightning TWINFROZR IIIはリファレンスと違い、基盤が大きくなっているため、
徹甲弾ファンとスリムドライブ固定板を取り付けられないという問題を引き起こしてくれました。
現状では完全にお荷物です。リファレンスデザインであれば電源交換だけで済んだのですが.......思わぬ出費です。


05/15追記
MSI N580GTX Lightning TWINFROZR IIIの故障↓↓↓
徹甲弾ファンとスリムラインの件で完全にお荷物状態だったN580GTX。
とりあえずメインPCで使っているENGTX560 SLIを取り外してパフォーマンスを調べるため
N580GTXを取り付け。

高負荷タイトルのゲームをやってみましたが、全て途中でフリーズ。
再起動かけたら、起動画面で横線のノイズやら何やらが走り出し、ビデオカードが見つかりませんとか何とかで
それ以降、色々と弄ったりもしましたが、何度やってもフリーズになってしまうので故障扱い。

仕方ないのでサブ機にはGTX560Tiと同等の消費電力といわれているGTX670を載せるつもりです。


※注意!!SST-SG08Bについて
スリムラインSATA用コネクタケーブル(6pin)はSST-SG08Bに付いてきません!
購入検討中であればSST-SG08Bと同時に㈱サイズから出ているSLC-SATA-45を同時注文しておいた方がよろしいかと思います。



自作PC ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

avocadroid

Author:avocadroid

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。